So-net無料ブログ作成

今週の野鳥 [野鳥]

今週は大型台風の直撃を受けた週末となりました。雨も激しかったのですが風がすごく過去に経験したことの無いような強風でした。幸いにも我が家周辺では大きな被害は無かったのですが、外に出ると所どころ太い木が折れてたりと台風の爪痕が残っています。いつものの山も風で落ちた葉や枝だらけで何本かの木も折れていました。幸いにもいつもの水場の被害は無く朝からキビタキ♂♀の姿も見ることができ少し安心。

そんな台風一過の空は澄んでいました。

こちらは夕焼けではなく月明かりによる朝焼け(?)です。ほぼ満月の月が沈む際に夕焼けのように空が赤く染まったところです。暗い月明かりでも赤く染まるほど澄んだ空でした。

DSC_3017.jpg

そしてカノープスも確認。太平洋側はいつもうっすらと低層の雲があり綺麗に見れる機会は少ないのですが、この日はカノープス周辺の暗い星まで確認できるほど澄んでいました。真ん中付近の明るい星がカノープスです。ここまで見れるならちゃんと機材を用意しとくべきでした。
DSC_3020.jpg
こちらは朝焼けをバックに
DSC_3029.jpg
朝の冷え込みで海霧が発生し幻想的な江の島となりました。
DSC_3089.jpg
DSC_3052.jpg
前置きが長くなりましたが本題の鳥さんです。
まずは澄んだ青空に高鳴きするモズ。
DSC_3159.jpg
猛禽繋がりでノスリ。まだ残る台風の吹き返しの風に乗って空高く上がっていきました。
DSC_3165.jpg
エゾビタキの姿も少なくなりましたがまだ数羽残っています。
DSC_3395.jpg
そして今週はクロツグミフィーバー。
DSC_3265.jpg
クロツグミが追いかけっこしながら飛び回っています。
ただ殆どが枝の中を飛び回っており撮影は厳しい状態。でも時々抜けている枝に止まってくれるのでそれを狙っての撮影です。
DSC_3386.jpg
若鳥ばかりかと思われます。
この子はヒヨドリを追いかけまわしていて目の前のこの枝に止まってくれました。その勢いか、なんと近くにいたモズにまでアタック。モズの方が強そうですがこの子の勢いにびっくりしたのかモズの方が逃げていきました。怖いもの知らずな子です。
DSC_3533.jpg
こちらは一番若そうな個体です。
DSC_3551.jpg
メスの姿も。
DSC_3475.jpg
ちなみに今回アップした写真全てが別の個体。
メスの写真はかなり似ていますがおなかの模様が違います。
DSC_3507.jpg
結局、数十羽のヒヨドリの集団に混じり十数羽のクロツグミが飛び回っているというフィーバー状態でした。
一度にこれだけの数のクロツグミを見たのは初めての体験。台風の影響で集まったのでしょうかね?
もう少し頑張りたかったのですが手持ちで撮っていたので腕が限界。前日に妻の実家で庭木の伐採をしていて腕が筋肉痛だったのが敗因です。素直に三脚使えばよかった。

nice!(8)  コメント(0) 

今週の野鳥 [野鳥]

いつまでも暑い日が続きますね。10月だというのに真夏の格好で過ごす日が続いています。とは言っても朝晩は冷え込みますので体調も崩し気味。それでも仕事の疲れを癒すアニマルセラピーの鳥見は欠かせません。

いつもの山は渡りがピークです。メインとなるエゾビタキですがそろそろ皆撮り飽きたのかシャッター音も静か。

DSC_2538.jpg
DSC_2147.jpg
DSC_2069.jpg
キビタキ♂もあと数週間でお別れですね。
DSC_2121.jpg
そしてメボソムシクイ。
DSC_2224.jpg
DSC_2420.jpg
DSC_2307.jpg
秋っぽく落ち葉と共に。
DSC_2679.jpg
今回のエビデンスはこちらの写真。P10がはっきり出ている一枚でメボソムシクイで間違いないかと思われます。
DSC_2443.jpg

nice!(5)  コメント(0) 

今週の野鳥 [野鳥]

彼岸花音季節ですね。でも今年の彼岸花は少し遅め。いつもは本当にJustお彼岸に満開なのですが1週間ほど遅いイメージです。

DSC_1292.jpg

今週末は天気が悪いという予報でしたが青空が広がっていました。東の空に月齢28.5日の月。
DSC_1307.jpg
DSC_1361.jpg
モズの高鳴きの季節になりました。秋ですね~
DSC_1426.jpg
センダイムシクイです。
DSC_1502.jpg
先週も少し気になっていたのですがこの子は右目が悪いみたいです。少し小さく濁っている感じ。毛のようなものが目に付いているのですがそのままなので殆ど見えてないかもしれません。
DSC_1546.jpg
先週はもう少し水晶体がクリアーでしたが今週は白濁が進行しているように見えます。ちょっと心配。
DSC_1581.jpg
オオルリ♀。ここでは今シーズ初見になります。
DSC_1770.jpg
DSC_1790.jpg
DSC_1825.jpg
DSC_1832.jpg
最後にクロツグミ。いつもながら周辺を飛び回っている鳥が熱いです。
DSC_1454.jpg
♂の姿も見えました。
DSC_1836.jpg
DSC_1861.jpg
共に若鳥っぽいですね。

nice!(8)  コメント(0) 

今週の野鳥 [野鳥]

今週は写真が多めですのでコメントは少し控えめ。

エゾビタキのトップシーズンです。

DSC_9936.jpg

エゾビタキは同じような写真ばかりになってしまうのですが
DSC_0300.jpg
何故か思わずシャッターを切ってしまいます。
DSC_0432.jpg
DSC_0486.jpg
DSC_0734.jpg
そしてコサメビタキ
DSC_0965.jpg
数週間前はかなりの数の集団を確認しましたが、ばらけてしまったようです。
DSC_1129.jpg
コサメは可愛いですね
DSC_1172.jpg
こちらは鶏冠のある新種のヒタキですかね(笑)
DSC_0475.jpg
エゾビタキにちょっかいばかり出していたキビタキ♀タイプでエゾにちょっかいを出した際に羽が頭に付いたようで、なかなか取れずに暫く付けたまま飛んでいました。
DSC_0707.jpg
そしてムシクイです。こちらは周辺の枝を囀りながら飛んでいたムシクイ。鳴き声からほぼ間違いなくオオムシクイです。一羽ではなく数羽居たのですがすべてがオオムシクイかまでは判りませんでした。この子は目の前で囀っていましたので間違いないかと思われます。近かったのですが残念ながら枝被りです。
DSC_9877.jpg
別個体だと思いますがこちらのムシクイは囀らないうえにP10もしっかり確認できません。ぱっと見かなりマイナスに見えます。
DSC_0511.jpg
DSC_0521.jpg
かろうじてこの写真が一番わかりやすいかも
DSC_0742.jpg
殆どの写真でPC-P10がマイナスに見えるのですがこちらの写真からすると隠れているだけのようです。周辺を囀りながら飛んでいた集団の中の1羽だとするとオオムシクイ濃厚かと思われます。
DSC_0609.jpg
こちらは判りやすいセンダイムシクイです。
DSC_0812.jpg
周辺でも色々な鳥の昆群が飛び回っており鳥の気配が濃厚です。そんな鳥の中にも見たい鳥が紛れ込んでいるのでなかなか気の抜けなっかった疲れる週末となりました。でも鳥果がそれなりにあると疲れも飛びますね。
DSC_0050.jpg

nice!(8)  コメント(0) 

今週の野鳥 [野鳥]

秋も深まりを増し朝晩は過ごしやすい日々が続いています。その秋を代表する中秋の名月を撮ろうと機材を準備しているうちに日付が変わってしまいました・・・5分くらいはいいですよね?

DSC_8550.jpg

この週末は天気が下り坂の予報でしたが結構晴れ間も広がり良い天気となりました。
DSC_8710.jpg
その青空が似合うのがエゾビタキ。
DSC_8748.jpg
4~5羽の集団がいくつか飛び回っていますので集合するとかなりの数になりそうです。
DSC_8828.jpg
直ぐに撮り飽きてしまうくらいいっぱい来るのですがやはり撮らずには居られません。季節限定というのがその気持ちを駆り立ててくれるのですかね?
DSC_9712.jpg
そしてこの時期一番悩ませてくれるのがムシクイ。
DSC_8805.jpg
センダイムシクイのように見分けやすいと良いのですが
DSC_9268.jpg
DSC_9296.jpg
こちらはパット見はメボソっぽいですが・・
DSC_9415.jpg
同じ個体で違うアングルで見るとオオムシクイ濃厚かなと思い
DSC_9359.jpg
P10狙いで初列雨覆にピントを合わせて撮っていたうちの一枚でP10がはっきり確認できました。
DSC_9468.jpg
これからするとオオムシクイで間違いないかな?
そしてムシクイの一枚目もオオムシクイだと思われます。声が一番明確な判断基準なのですがこの時期はほとんど鳴かないうえにセミの声にギャラリーも多く難しいですね。

nice!(9)  コメント(2)