So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

グレートオーシャンロード [旅行]

オーストラリア旅行の続きです。メルボルン近郊の観光地として有名なグレートオーシャンロードに行ってみました。メルボルンから南西に約200km、ここはオーストラリア有数の海岸美で奇石が並ぶ景色は有名な観光スポットとなっています。

この海岸線を走る約260kmにもおよぶ道路は第一次・第二次世界大戦の帰還兵がツルハシやダイナマイトを使って人力で作られたとのことでグレートオーシャンロードの入り口にはそのメモリアルアーチがあります。

DSC_9061e.jpg

さらにここは野生動物の観察ポイントでもあり、休憩ポイントで何種類か確認できました。
こちらはキングパロット。日本名、キンショウジョウインコだそうです。かなり人馴れしていました。
DSC_8593.jpg
こちらは♀でいつもつがいで行動しているみたいです。
DSC_8457.jpg
そして野生のコアラ。昼間はほとんど寝ているみたいです。動物園と同じですね。
DSC_8508.jpg
この場所ではクッカバラことワライカワセミを見ることもできるみたいですが残念ながら休憩中には出てくれませんでした。
そして今回のメインの観光スポットの奇石群。まずはIsland Archway。真ん中の2本の柱はアーチ状に繋がっていたみたいですが風化が進み数年前に落ちてしまったとのこと。この周辺は石灰岩でできており南極から吹く強い風によってどんどん浸食が進んでいるみたいで段々と風景が変わってきてるみたいです。
DSC_9050.jpg
こちらはLoch Ard Gorge。綺麗なビーチです。
DSC_9102.jpg
ここは下に降りることができます。いつもは観光客でいっぱいみたいですが中国からの観光客が居ないのでかなり空いていました。
DSC_9115.jpg
そしてメインのTwelve Apostles。12本の柱が立っておりこれが12人の使徒と呼ばれるようになったのですが現在は崩れて残っているのは8本くらいでした。
こちらはヘリコプターからの観覧。初のヘリコプターフライトです。15f分のフライトで150AUD(約11000円)でした。少し緊張しましたがつい最近買い替えた最新の機種で揺れも振動も殆どなくかなり快適なフライトでした。
DSC_8866.jpg
山が無いので上空から見ると地平線と水平線が一直線につながっており広大なオーストラリアを実感できます。
DSC_8891.jpg
こちらがそのTwelve Apostlesです。下に降りて浜をあることもできるみたいですが滞在時間的に諦めました。
DSC_8934.jpg
ヘリコプターフライトは動画でも。
天気にも恵まれ快晴の下でのフライトは絶景の連続でした。
本当にきれいでした。

nice!(3)  コメント(0) 

セントキルダビーチその2+ フィリップ島 [野鳥]

フェアリーペンギン見物の残りです。

このビーチは西向きなので夕日がきれいに見えます。

DSC_1904e.jpg

この日は空気が乾燥し澄んでいたのでもしかしたらグリーンフラッシュが見れたかもしれませんがペンギンに夢中で日の入りの瞬間を見逃してしまいました。
DSC_8129e.jpg
先日アップしなかった動画をいくつか。
階段の下を覗くと・・・
3羽で羽繕いです。
上陸先発隊のペンギンです。何度か偵察して危険が無ければ残りのペンギンが上陸します。
ペンギン同士が呼び合っています。日本によくいるフンボルトペンギンより少し高く細い声です。
距離感はこんな感じ。スマホ撮影でもこのくらい撮れます。
DSC_0911e.jpg
以上がセントキルダビーチでした。
ペンギンパレードのフィリップ島を少し紹介。ペンギンパレードとして観光地化されていて綺麗な施設も作られています。
DSC_0986e.jpg
私たちはホテルからの往復と入場料・夕食付のツアーに申し込みました。ペンギンの上陸は夜遅くなるので夕食付にするとその後が楽です。今回は日本人のガイドさんでとても楽でした。
現地に入ると前日の状況が掲示されています。前日は8:51PM先発隊が上陸したとのこと。かなり遅い時間に見えますがこの日の日の入り時刻は8:40PM頃、日没後10分程度で上陸開始です。
DSC_1926e.jpg
たまたまサンドアートがおいておいてありました。
DSC_1928e.jpg
DSC_1929e.jpg
そしてここが見学するビーチ。階段状になった見学ベンチから見ます。今回は少しプレミアムなペンギンプラス席での見学。通常席ではペンギンの上陸場所から少し離れていて見にくいとのこと。また一番のVIP席がアンダーグラウンドビューイングで半地下からガラス越しに目の前を歩くペンギンを見れます。ただガラス越しで囲まれているので一方向からしか見れないこともありペンギンプラス席での見学としました。自由に動けてこちらの方が色々見れるかと思います。
この奥に見える海から上陸し目の前の浜辺を歩いて自分の巣に戻ります。すぐ目の前を歩きますので肉眼でも十分に楽しめます。
DSC_1933e.jpg
と撮影はここまで。ほぼ前日同じ時間に上陸を開始して1時間ほどペンギンパレードを堪能しました。餌を食べてパンパンに膨れ重そうな体を左右に振りながら歩く姿がとても可愛いです。帰りの集合場所に戻る際も歩道沿いにこのようなペンギンが何十羽も歩いていますのでそれを見ながら帰路へ。なんとか日付の変わる前にホテルに着くことが出来ました。

nice!(1)  コメント(0) 

セントキルダビーチ [野鳥]

ここはセントキルダという町にあるビーチ

DSC_7942.jpg

そのビーチにある400mほどの桟橋を渡り

DSC_9776e.jpg
防波堤の岩の隙間を覗くと・・・
DSC_9787.jpg
いました。フェアリーペンギンです。
DSC_8013.jpg
今週はこの野生のフェアリーペンギン(コガタペンギン)に会いにオーストラリア南端ビクトリア州のメルボルンにあるセントキルダというビーチに来ました。野生のペンギンを生で見るには一番手軽(?)に行ける場所です。
メルボルンは世界一住みやすい街に選ばれ、治安も良く夜でも安心して歩ける街です。先日まで全豪オープンテニスが行われていたので知っている方も多いかと思います。実は私はこのツアーに申し込むまではほとんど知らない街でした。
DSC_0684.jpg
そのメルボルンの中心部からトラム(路面電車)で20分ほどの距離にあるのがセントキルダビーチ。このトラムがとても便利で、Mykiという日本でいうSuicaのようなICカードを使い往復4.5AUD(オーストラリアドル。日本円で350円くらい)でセントキルダまで行けます。トラムも数分から十数分に1本ありますので待たずに乗ることができPTVという専用アプリを見れば路線番号や降りる駅などが簡単に判ります。東京の地下鉄より楽かもしれません。さらに深夜0時過ぎまで20分おきに運転していますので帰りの足の心配する必要もありません。海外で交通の便を心配しなくていいのは本当に楽ですね。
ビーチに着くと南半球は夏という事もあり海水浴を楽しむ人でいっぱいでした。
DSC_7933.jpg
そのビーチにある防波堤はフィリップ湾最大のフェアリーペンギンルッカリーとなっておりボランティアによる保護活動が行われています。
DSC_9779.jpg
DSC_9790e.jpg
メルボルンから南に1時間ほどの距離にはフィリップ島というオーストラリア大陸最大のフェアリーペンギンルッカリーがあり日没後に数百羽のフェアリーペンギンが巣穴に戻るために行進する姿を見ることが出来ます。ヒナに餌を与える為、沢山の餌を食べて丸々と太ったペンギンがヨチヨチと歩く姿はとても可愛く愛らしいです。もちろんフィリップ島でのペンギンパレードを堪能したのですが、ペンギン保護区となっており行進中の撮影は一切禁止。フラッシュを焚く人やライトを当てたりする人が後を絶たので仕方ありません。その為、そこまで規制の厳しくなっていないセントキルダでペンギン撮影を堪能しました。
2月というとオーストラリアでは夏の終わりの時期。この夏に生まれたヒナが巣立つ直前で昼間はそのヒナが岩場の隙間から少し顔をのぞかせています。
DSC_8032.jpg
既にヒナの綿毛も抜け落ち大人の羽毛が生え揃ってきていました。
DSC_8064.jpg
人馴れしているのかすぐ横を人が歩いていても逃げませんし、スマホでも撮れる距離まで近づけます。
DSC_8103.jpg
DSC_8151.jpg
DSC_9897.jpg
親鳥は昼間、餌を取りに数キロ先の沖まで出かけており日没になると戻ってきてヒナへの餌やりを行います。その親鳥が戻ってくる時間を狙ってギャラリーが集まります。日本人も何組か見かけました。
DSC_1891.jpg
このセントキルダでは数羽が戻って来るだけですのでフィリップ島のペンギンパレードとまではいきません。
DSC_9963.jpg
でも浜辺を歩くペンギンを見ることが出来ます。
DSC_0152.jpg
DSC_8338.jpg
ナトリウム灯で照らされていますので日が完全に沈むとオレンジ色に染まってしまいます。
DSC_0175.jpg
DSC_0206.jpg
通路で休むペンギンもいたり
DSC_0263.jpg
22時過ぎまでペンギンを堪能しました。一晩中見れられますが、あまり遅いと次の日に響きますので適当な時間で切り上げ。流石にこの時間までいる日本人は私たちだけでした。
9年ぶりの野生ペンギン。やっぱり生ペンギンは良いですね。
オーストラリアの森林火災やコロナウィルス騒ぎで行くかどうか少し悩みましたが結果的に行ってよかったです。

nice!(4)  コメント(0) 

最近の野鳥 [野鳥]

正月休み明けからドタバタしていてアップが出来ていませんでした。2週間分をまとめてアップします。

ただ正月明けから鳥運もなくあまり良い出逢いもありません。そんな中、今週は待ちに待った雪予報。期待して林道に出かけるも思ったよりは降っておらず雪中の鳥というのは期待できそうにありません。

標高の高いところはそれなりに積もっていますがいつもの場所は道の端に少し残っている程度でした。

DSC_6886.jpg

最初に少し動画で。こうやって見ると結構降っているように見えるのですが水分を含んだ重い雪で直ぐに融けてしまいます。

雪も関係なく餌取りです。
DSC_6418.jpg
前髪(?)が濡れてワックスで髪型をセットしている様に見えて少し男前に。
DSC_6579.jpg
DSC_4590.jpg
ルリビタキは以前ほど出は良くなく見れない日が続いています。
DSC_5714.jpg
DSC_4563.jpg
DSC_4821.jpg
DSC_6813.jpg
このアオゲラは地面で餌取りしている姿をよく見ます。
DSC_7001.jpg
なんとなく綺麗なのでアップ
DSC_4528.jpg
DSC_5182.jpg
最後にキジ♂。こちらもいつもの場所でいつものように餌取りしています。民家の近くにいるので人馴れていて、近づいても逃げません。
DSC_5060.jpg

nice!(7)  コメント(0) 

星撮りはじめ [野鳥&天体]

恒例のしぶんぎ座流星群の季節です。肝心の4日の天気が悪いとの予報なので1日早めに3日の夜に出かけてみました。月没時間が0:30頃と少し遅めなので月没1時間前に現地入りを目指して出発。途中NAVIがいつもと違う道路を案内しだしたのですが気にせずいつもの道路を走行していると道路通行止めの看板が。どうやら昨年10月の台風による大雨で道路が崩れ通行止めになっていたみたいです。このため来た道路を戻り大回りして現地に到着したのは月没時間を過ぎていました。

幸いなことに現地は全く雲の無い快晴。久しぶりに来た天城高原の満天の星に感動です。

DSC_9047.jpg

これまた久しぶりの機材準備に手間取ってしまい慌てて撮影開始。手始めにオリオン大星雲M42を撮影したのですがレンズのエージングが出来ておらずピンボケ写真に・・・
気を取り直してM45プレアデス星団
ISO3200、F3.2、300秒×8枚(40分)
200103プレアデス星団.jpg
シーイングが良くなく星像が大きいですね。
ISO3200、F3.2、240秒×10枚(40分)
200103バラ星雲.jpg
とここまで撮影した所で霧に覆われ撮影終了。肝心の流星は長い軌跡の流星を数個目視で確認できました。相変わらず写真には納まっていませんが・・・
星写真は少し寂しい状態のなのでおまけで最近アップしていない鳥をいくつか。
最初に一富士二鷹・・・なすびはありません。
DSC_4441.jpg
人馴れしたカヤクグリです。
DSC_3097s.jpg
DSC_4272.jpg
DSC_4348.jpg
アオジも最近アップしていませんね。
DSC_3448.jpg
最近はアカゲラばかり見ますが久しぶりにアオゲラに遭遇しました。
DSC_3846.jpg
いつもの白っぽいコゲラです。
DSC_3900.jpg
最後にシメ。
DSC_4406.jpg

nice!(6)  コメント(0) 
前の5件 | -